おたくの読書感想文「『浪費図鑑-悪友たちのないしょ話-』を読んで」

 
きっかけは私がフォローしている方のRT。オタクの趣味に対するお金の使い方とかバッグの中身とか化粧品とか、そういうのが気になる私はその本の存在を知ってすぐヴィレヴァンオンラインで購入。
そうして手にした『悪友vol.1-浪費-』がこの度パワーアップして商業書籍化!自ジャンルなこともあってK-POPのペーパー欲しさにヴィレヴァン行ったけれど入荷してないんですって言われたので普通に書店で買った。表紙のタイトルの上に書かれた"Money is a girl's best friend."から既にただならぬ空気を感じた。お金と私はズッ友だょ…!

同人誌の時から「EXOに浪費した女」の話が好きで、私の推しが去年ワールドツアーで公演不参加って主催者側から告知されたことが2度あって、公演に行かない自分ですらキレてた(原因不明だったこともある)のにチケットとってたらなおさらやるせない気持ちになるよなあ…って初めて読んだ時に思った。だから2度目のアメリカ公演で輝くカイくんを観られたって見てもう自分のことのように嬉しかった。「行きたい気持ちがあって、金銭的に叶えられるなら、道なきところに道をつくり、素早く飛ぶ。」この一文が大好き。

今回新たに収録された寄稿のなかだと「触ってほしい一心で浪費する女」が好きだ。最初に目次が公開された時、タイトルだけでは何に浪費してるのか全然予想できなくてどういうこと?と思っていたのだけれど、本文を読んで納得した。美容院でシャンプーしてもらう時に毎日誰か私の髪洗ってくれないかなーなんて思うもん…人にやってもらうのってなんであんなに気持ちいいんだろう。

浪費って周りに「それお金のムダじゃない?」って言われてはじめてそうなのかなって思うもので、使ってる本人は全然浪費と思ってないから「養育費」とか「化粧品実質タダ」とかいう言葉が出てくる。
私のごく小さな浪費話だが、去年のせぶちのコンサート大阪公演にあわせて帰省して、コンサートから帰宅してふわふわした気持ちで開いたTwitterにてアドトラックにメンバーがサインを書いたのを知り「ちょっとトラック追っかけてくる!」と言い残して翌日始発の新幹線のチケットをおさえて東京に戻ったことがある。チケットないけど会場来た記念に中野サンプラザ推しのうちわを買い足してトラックの写真を撮り、その後ふらふらしてたらトラックに遭遇したので原宿から新宿まで歩いてトラックルートを辿ったりした。2日間の東京滞在を経てまた実家に戻ったので親には色々言われたわけだが、やらない後悔よりやった後悔(しないけど)だし新幹線付き推しのサイン鑑賞ツアーと考えれば格安プラン。
私の大好きなアニメ「アイカツ!」の格言を借りるなら「直感でいこう!」、これが私のオタクとしてのスタンスだ。

この本を読んでいると金額に関係なく自分の好きな人やものに対してお金を使うことの楽しさが伝わってきて私もなんだかわくわくして、もっと推しにお金使いたい!と思わせてくれる。推しは現在ワールドツアー中、今年はきっと全部の公演に出られると思うから安心しているのだが、1ヶ月ほど前に黒から紫に染めるために色を抜いたであろう推しがまた色抜いてたので指示した人はもうちょっと推しの頭皮を労って欲しい。


 
 

KCON せぶちミーグリとレカペ行ったからメモ

せぶちミーグリ当たったので行ってきたんですけど初KCON及びミーグリにあたり色々調べたのにあんまり情報拾えなかったから、今後初めてで不安な人への情報提供になればいいなと思って書いておきます。レポじゃないです。

ちなみに安定のぼっちです!
 
 
ミーグリはそれぞれアーティストによって開始時間が異なっていて、開催2週間前ぐらいにスケジュールが出ます。集合時間は開場時刻の30分前、集合場所は毎年違うかもしれないけれど今年はでかでかと「M&G集合場所」って紙が貼ってあったのですぐ見つけられた。ちなみに30分前ちょっと過ぎて会場着いてもちゃんと並ばせてくれるので安心してください。
 
チケットを見せてバンドやスクラッチカードやサイン入りトート抽選用の紙をもらって整理番号順に整列します。今回整理番号がぴあとQoo10で出てたのか、2枚で申し込んだ人が同じ整理番号出てたのか知らないけれど1つの整理番号に2人並ぶってことがあったのでだいたい番号の2倍ぐらいの人数はいるみたいです(2000人?)。私は同じ番号の人いなかったので多分後者だと思います。
 
開場まで外で待ってたらせぶちがバス乗って来てて窓開けて手振ってくれました。私遠かったからまともに見られてないけど。
 
 
開場したら番号順に入場するんですが、コンサートのスタンディングと同じで場所決まってないので目当ての場所にすぐ行ってください。
今回は会場入ったらステージ上に椅子12個(バーノン不在のため)横並びに置いてあって、ジュンくんはいつもの感じだと左端だろうと予想して左側に陣取りました。整理番号自体は100番台だったけど前述した通り1つの整理番号に2人いたりするから実質200番台って感じ。それでも前から4列目ぐらいには行けます。
 
開場から開始まで15分ぐらい待ったらMCの人が登壇してきてちょっと喋ってせぶち登場。予想通りジュンくん左端だったので目の前でした。いつ見ても宇宙一かっこいい推し最高〜!
 
ミーグリの内容はTwitterにあげてる方がたくさんいると思うので割愛。私は今後コンビニではミルクティーを買いますぶっちゃけレモンティーのほうが好きです。あとハイタ中に만세がかかり始めて、ファンが来なくてやることなかったじゅんぴが口ずさみながら小さく踊ってたのすごく可愛かった…。
 
クラッチカードの種類は
・Souvenir(メンバーの複製サイン入りポストカード)
・Special Event(ミーグリ終盤に設けられるハイタッチ会)
・Red Carpet(Mカ開演前のレッドカーペット参加権)
の3種類。レカペ当選者は16:30頃(年によって変わるのでは)にミーグリ集合場所に再集合。
 
 
レカペもミーグリ同様に会場外で整列して開場を待ちます。こちらは整理番号1つに1人、1200以降の番号も出てたので結構当選人数多いのではないかと思われる。500番台だったので全然いい場所取れませんでした。

f:id:arukas617:20170524102652j:image
 
スマホ内蔵のカメラズーム無しでこの距離!!遠いね!!当たるかわからないのにカメラ持ってくるの面倒って人はスマホに付けられる望遠レンズの持参をおすすめします。
ミーグリの時と髪型変わっててさっきは可愛かったのにかっこよくなっててもう振り幅広すぎ大好き。
 
リハの関係でレカペに来ないアーティストもいますって注意が入ってレカペスタート。アーティストが来る間隔がまばらで、次のアーティストが来るまで7分かかりますって言われた時ざわついたけど次来るのせぶちですって言われた時一気に歓声あがった(司会の古家さん「SEVENTEENだから7分待ちって?そんなジョーク言わないよ!」)。結局Block Bがレカペに来られなかったんだけどミーグリあってBlock B目当ての人もいたからまじか…って思った。開始時刻が17:05頃(多分)、終了時刻がだいたい18:45ぐらいだったかな?それからMカの行われる9ホールに移動したんですが開演前に行われるPRE SHOWがもう始まってました。
 
 余談ですが、外れたけどミーグリの雰囲気だけでも…っていう人は多分ブース近くにいたら聞けると思います。コンベンションホール内にステージあるので。
 
 
さらに余談ですけど帰り海浜幕張駅に着いたら人身事故で電車止まってました〜〜〜!!それまでの満たされた気持ちが一気に落ちた。近くのマックで運転再開まで待った、久しぶりのポテト美味しかった。




1位記念日


(ShowChampion EP.185) Champion song 'SEVENTEEN - Pretty U' Encore - YouTube

1位おめでとう!!

3チームのリーダーはもちろん、他のメンバーもみーんなお疲れ様でした!

今まで好きになったグループは既に1位をとったことある人達だったから、初めて1位とったのを目の当たりにするとこんな気持ちになるんだなあっていうのがわかった。まず皆が喜んでるのを見て幸せだし、私の知らないところでみんなめちゃくちゃ頑張ってこの曲やパフォーマンスが完成したんだなあと考えるとありがとうって思う。


MCの方が締めた後に曲が流れ始めた時、じゅんぴがウジくんのほう向いて涙拭ってたの見て推しに対する愛おしさと尊さがキャパ超えてしまって涙出た。テレビでやってる感動的な話観ても泣かないので自分でもびっくりした。


 


最後に1つだけ言わせてください

 

みんなSEVENTEEN PROJECT観て!!!!あと13少年漂流記も観て!!!!もう全部観て!!!

 

예쁘다ティーザーが出た

[TEASER] SEVENTEEN(세븐틴) - 예쁘다(Pretty U) MV Teaser. - YouTube

 
ひゃ〜〜〜〜めっちゃ好き〜〜〜〜〜!!
こういうMV大好きだし、せぶちだと今回も白っぽいというか、爽やか120%(個人のティーザー写真みたいな感じ)でくるかなと思ってたから朝からテンションあがりました!!!!ありがとうせぶち!!!!
 
 
 
 
 

ところでジュンくんどこなんだろうね(蘇る만세MV公開時の記憶*1 )

*1:ティーザーもMV自体もソロカットが一瞬だった

アイドルヲタクは面倒くさい


最近こんな本を買った。

マンガは滅多に読まないのだけれど、二次元も三次元もアイドルが好きな私としては興味をそそられるものがあって、ネットで試し読みしたら面白かったので購入。

応援してるグループあるいは人があまり人気が無い時はもっとファンが増えたらいいのに、って思うにもかかわらずファンが増えると素直に喜べなくて複雑な気分になるとか、共感するところがしばしば。

グループから何人か選抜されて出演する仕事でどうせ運営に推されてるメンバーだけだろうって考えてやるせない気持ちになるとかね。


さて、そんなグループ選抜の仕事といえばこれ。

f:id:arukas617:20160325004752j:plain

最初にペンカフェの写真を見たので、いつも通りせぶち全体での仕事だと思ってた。
そのあとに各メディアの写真でこの3人だけだって知って、ジュンくんが選ばれたことがとにかく嬉しかった。

正直、ボーカルチームやヒップホップチームみたいにコラボすることって難しいし、外国人メンバーだから個人の仕事も来にくいんじゃないかと思ってたし今も思ってる。
グループとして活動してる以上、どうしても他のメンバーの仕事の情報だって目にするし、それを見て少しだけ羨ましかったりする。
でも、フォーカス映像(ファンカム)や音楽番組を観ると結局はジュンくんが楽しそうにアイドルやってくれればそれでいいや、ってなる。それでもやっぱりファンであるから自分の応援してる子には売れっ子になって欲しいし……うーんヲタクって面倒くさい。