大阪でジュンくんを見てきた

8/5、大好きなSEVENTEENの初めての日本公演に行ってきた。

見る度にうわ〜〜あんな顔綺麗な人実在するんだ!?って思う。何回見ても非現実的なんだよなあ。最前で見てたら卒倒してる。あんな綺麗な人の目にうつるの申し訳なさ過ぎる。だいたい推しに対してこじらせるオタクです。

そんな感じで(?)自分なりに目に焼き付けてきたジュンくんを、忘れないうちに書き留めておきたいと思う。1部も2部も入ったのですが、それぞれについて全曲書くのも長ったらしくなるだけなので曲ごとに1部と2部まとめて書きます。あと、あくまでジュンレポなので出ていない曲は飛ばします。


OP映像は先日のソウルコンと同じ。ここからかっこよくてしんどい。


Shining Diamond

1曲目からハプニング発生の1部。
リフトにメンバーが乗ってあがってくるが、途中で曲が止まる。歓声あがってたけれど、いきなり止まるからザワザワする。そりゃメンバーだって予想してないからじゅんぴちょっとキョロキョロしてた。隣にいたジョンハンもちょっと笑ってた。
そして何事もなかったかのように暗転してリフトが下がってやり直し。


엄지척

ジュン含め何人かが後列に下がって後ろを向く時があるんですけど、1部でその時左隣にいたクプスに背中とんとんってされてた。下がりすぎたのかな…?

ROCK

コンサートの醍醐味の1つは、音楽番組で短くしかやってくれなかった曲をフルでやってくれることだと思う。
この曲の"You take me to the top and straight down like the gyrodrop"という部分は、最後の1回を除き全部ジュンパート。ずっと見たかった。見れてよかった。

MC1

ここでMC、といってもみんなが挨拶して少しおしゃべりしたぐらい。

유행가

ジュンパートがミンハオと2人でセンターに出てくるの!好き!特にジュンが前面での背中合わせのところが好き。

이놈의 인기

ウォヌのパートでジュンがしゃがんでそこにウォヌが腰かけるところがありまして。ショーケースの映像でちらっと映ってるので良くわからない人はそっちを見て欲しいんだけど、そこが私めちゃくちゃ好きだったから見れて最高だった。ちなみにジュンくん、この時点でかなり汗かいててシャツびしょびしょなんですね。そりゃたくさん踊ってるもんね。

ここでパフォチの映像が流れる。BOYS WISHと同じ映像。車を運転するジュンかっこいい〜!DVDで何度も観たけれど、最後のほうでアップになるところとか本当にかっこよすぎてしんどい。

Jam Jam

パフォチのターンが!!来たぞ!!
バーノンのラップの時にお尻で突き飛ばされるジュン。両部ともやられてた。このコンビ、만세の1番のハニパートでは後ろでわちゃわちゃしてるから見てください。公式が出してるダンス映像SEEK ver.がおすすめです。

OMG

Jam Jamが終わってバーノンがはけてからのOMG!
Jam Jamのパンにジャム塗る振り付け好きなんだけど、OMGの振り付けも好きなんですよ。"Yeah oh my god×2〜"からの部分。特にターンのところ。この曲に限らずジュンのターンがすごい綺麗でね……好き……。
2部で、ホシくんがOH! MY! GOD!って声張り上げててしびれた。

너는나 나는너

ソウルコンでやったZICOの曲カバーを……!
寝転んで足組んで、組み替えるところが理由はないけど好き。あと投げキッス。
ジュンの歌声って甘くて、この曲やBOYS WISHでやった桜エンディングみたいなゆったりした曲に合ってると思います。

ここでせぶちマフィアの映像。ジュンはバーノンとコンビ。ラスボスミンギュ様。あのカバンの中に何が入っているのか。そしてあんなに雑に扱っていいのか…。

NO F.U.N

あのダークな映像からだいたい予測できてた。
SUPER JUNIORのUをカバーした時にも思ったけど、ジュンくん何かを持って踊るの上手くない?傘の扱いめっちゃ上手い。
あとジュンが後列にさがって傘を置いたあとの振りで、前列のホシくんがジュンに傘を投げる部分があるんですけど両部とも綺麗にキャッチしてました。

Rising Sun

イントロで会場が沸いた。ちなみに私はご本家様に詳しくなかったので、ソウルコンでやったと聞いてSUPER STAR SMTOWNを立ち上げました。
ソウルコンでのファンカムがあがっているので分かると思うんですが、振りの揃い具合も照明も、いろいろ相俟ってぞくっとした。極めつけがドギョムのライジングサーン!なんだけど、やっぱり安定のメインボーカルですよね。ソウルコン2日目のようにカラコンジュンだったら私はここで全部の記憶が吹っ飛んでいたかもしれない。

MC2

MC2つめ。前半と後半に分かれてお着替えタイム。1部でスングァンがすごい息切れしてて、ファンがグッズのうちわで扇いであげてたら、自分の顔がぐにゃぐにゃしてて怖いって言ってた。なんか人間が魚のマネする時あるじゃないですか(ないかな)?あんな風にうちわの自分の顔のぐにゃぐにゃ感を表してた。

次の曲からはCARATの力が必要です〜って誰かが言って、ここでソファが運び込まれるので次の曲はもちろんあれ。

예쁘다

さて、ここが1部の音響トラブル2つめ、しかもなかなかひどい。
1回目が結構早い段階で止まって、2回目はスムーズにいけるか?と思いきや2番のクプスのラップで止まって、3回目は最初の"SEVENTEEN Yup"が飛んでたけどそのままやった。ジュンとかその部分ではけなきゃいけない5人が急いではけてた。

今回負傷していてパフォーマンスが出来ないミンギュのポジションをジュンが代わりにやってるところがあって、1番のサビのウジパートでミンギュはソファに座って踊るんだけどそこにジュンが入ってました。ウォヌが出られなかった時にも代わりにやってたからかな。

만세

これもミンギュポジションの代役を少し。ジュンパートのあとのミンギュパート、スングァンの肩を抱くのがジュン担当に。声はミンギュだけど。

ジュンがバスケのゴールになるところ、時々ウジくんがジュンの後ろに立って肩持ってる時があるんだけど今回それで、普通はセンター(内側)向くんだけど1部ではモニター(後ろ)、2部ではウジくんのほう(外側)を向いていて、ウジくんがゴールポストジュンを修理する、って感じだった。向きを内側に戻して歪みを直すという風に。1部はあっさり内側向いたけど、2部はちょっとずれてみたりしてた。
最後のサビの競走?からデコピンの振りがジュンくんはミンギュとペアなんだけど、ミンギュ不在のため隣のジョンハンのペアに混ざってた。

아주 NICE

これもミンギュがいないから、最後のミュージカルみたいに手を繋ぐ部分ではジュンが一番左端に。


このまま暗転して本編終わり。挨拶も何もなくはけて真っ暗になるから1部の時はまたトラブルかと思った。

힐링

オープニングのようにリフトであがってくるメンバーと、舞台袖から出てくるメンバーに分かれていて、ジュンはリフト組だった。隣はディノだったかな。なんかちょこちょこ踊ってた。

たしかこの曲で、ウジパートの時に近くにいたメンバーがウジの周りに集まるんだけど、2部ではジョンハンだったかな、ウジの髪の毛をくしゃくしゃってしてて、ウジパート終わりにジュンもくしゃくしゃってしてた。

사랑쪽지

ステージの階段のところにみんなが座る。
ジュンの右斜め上にウォヌが座ってるんですけど、1部でジュンがウォヌの膝の上に頭乗せてて久々のウォヌジュンを見れた。
あともしかしたらこの曲じゃないかもしれないんですけど、ジュンくんがクプスをバックハグしてた。

아낀다

アンコールだから踊らないんだなこれが!でもジュンくんは小さく踊るんだな!ちくしょう可愛い。
1部ではミンハオのパートの時に、ミンハオをセンターに押し出す。
そして"Baby you are my angel"の部分で、1部ではミンハオを持ち上げ、2部では天使ジョンハンを持ち上げてた。ハニに1回だけやらせて!って感じでお願いしてた。下ろす時によろめいてた。あと2部ではドギョムの"입술이〜"のところで投げキッスしてた。

最後の挨拶

1部でジュンは日本語が出来なくてごめんなさい、と。
2部の挨拶の内容忘れたんだけど、通訳さんが訳しているのに合わせてくちをパクパクさせたりジェスチャーしたりしてた。
両部ともミンハオが隣にいてちょっかい出してて、嫌がられて反撃受けてた。

最後、客席にバイバーイ!ってして階段あがる時に、1部では客席に向かって手を振るほうに意識がいったのかちょっとよろっとなってて、2部ではジュンの前にいたミンハオがよろめいて支えてた。階段上のステージで手を繋いでから最後にクプスが最後に挨拶します、と言って"Say the name! SEVENTEEN!"やるんだけど、何をやるのか分からなかったんだろう、1部で繋いだ手をあげる組とSEVENTEENポーズやる組がいた。ジュンは前者。
最後リフトで下がる時、2部は顔が見えなくなる寸前でにこにこしながら隣のミンハオに話しかけてた。



以上かな。不明瞭な所もあるので、また思い出したら書き足します。
やっぱりレポって難しい!どの公演でもメモとらないで脳内で覚えて終了直後に携帯に打ち込むので、最初の方を覚えてないし携帯のバッテリーが切れて翌日になると余計忘れてる。

とにかくコンサートは楽しみたいので掛け声も完璧にしたんだけど、思ったより掛け声してる人が少なくてちょっと戸惑った。あと今回自作のうちわ持ち込み禁止で公式うちわの装飾はOKだったのはなんでだろう。